快適生活をリーズナブル価格で実現する方法を紹介!

HOME » お得に家電・家具をレンタルするには » お得なレンタルプランの選び方

お得なレンタルプランの選び方

このページでは、いくつかのモデルケースを紹介しながら、お得にレンタルする方法を解説しています。

こんなレンタルができます!

【一人暮らしの学生さん】

あまりご両親に経済的負担をかけないというのも、将来の自立準備のひとつ。ここは中古で最低限必要な家具・家電をそろえてみては? 元々部屋が狭いのですから、できるだけ物を増やさないようにしましょう。なお、こたつは暖房器具としてだけでなく、勉強机・座卓・パソコンテーブルなどとしても兼用できるおすすめアイテムです。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・レンジ 基本セット利用(=割引パック料金)

シングルベッド・こたつ      オプションで利用

【合計 72,000円くらいから(中古期間1年契約の場合)借りられます】

レンタル期間と延長条件が各社違っているので確認してみてください。たとえば、最長2年までとなっているところから借りるとしたら、その後の延長条件が重要になってきます。新規の半額程度で延長できるところもあれば、更新料が必要なところもありますから、安く延長できるところを選ぶのがいいですね。

【単身赴任の方】

職場でのストレスを抱えながらの単身生活は、きついもの。その分、大抵、会社からの手当があるので、それを有効利用してある程度の快適さを求めてみましょう。時々、家族が訪問してくれるということもあるでしょうから、そういうことにも対応できるようにしておいたらいいと思います。もっとも、スピーディーに対応してくれるレンタル会社を利用するなら、その都度レンタルするという手もありますね。

ということで、学生向きプランを新品に変更してグレードアップしたり、デスクと兼用できる食卓テーブル&椅子セットを加えたり、来訪者用に折りたたみベッドを用意するなどしたらいいのではないでしょうか?

賃貸マンションの家主さん向きプラン

空き部屋や家賃低下による収入の伸び悩みにお困りの方は多いと思います。そんなとき、家具・家電レンタルを上手に利用して、お手持ちの物件を「家具付き物件」にすることで収入を伸ばすことをお考えになってみてはいかがでしょう?

東京都杉並区高円寺駅 徒歩5分の家具付きマンスリーマンションと一般物件の家賃を比較してみます。築年月が同じ1K(約16.5㎡)です。マンスリーと一般賃貸の違いがありますが、なんと1月あたりの賃料が、家具付き99,000円に対して、一般賃貸62,000円という差が!

セットプランを利用すれば、たとえば以下の中古アイテム7点が月額8,180円程度(『かして!どっとこむ』家電・家具1年契約月額払いプラン利用の場合)でレンタルできるため、管理等の手間をかけずに経費も少なくして収入増が見込めるというわけです。

液晶テレビ16V型・全自動洗濯機4.2kg・冷蔵庫(80L)2ドア・電子レンジ(単機能)・テレビ台・ローテーブル・シングルベット

企業が社員寮用などに利用する場合

居住者が変わるごとに新品提供という形が好まれています。多少費用がかかっても(それでも購入よりは格安)、「人事異動の負担を最小限にとどめたい」「管理の雑務は避けたい」「優秀な人材を囲い込みたい」という思いにレンタルはぴったりのシステムなのです。

一般レンタルとシステム的に区別のない会社もありますが、それぞれ規模や事情が異なる企業用に専用窓口を設けているところも多いので、個別に相談されるのかいいと思います。

>>1年契約時の料金で各社のレンタルプランを比較しています<<

 
快適!家電・家具レンタル生活ガイド